共同研究

極域科学データを利用したデータ活動、データサイエンスに関する共同研究を推進しています。

データサイエンス共同利用基盤施設(DS施設)が実施している「公募型共同研究採択課題のうち、極域環境データサイエンスセンターに関連した課題の一覧です。

2019年度
【一般共同研究】昭和基地宇宙線観測データのためのリアルタイム・アーカイブシステムの構築, 加藤 千尋 (信州大学)
【一般共同研究】南極岩石試料レポジトリの確立によるデータサイエンスへの応用, 馬場 壮太郞 (琉球大学)
【一般共同研究】南極インフラサウンド観測データ収録公開システムの構築, 山本 真行 (高知工科大学)
【一般共同研究】昭和基地で取得した1-100Hz帯ELF磁場波形データの共有と可視化, 佐藤 光輝 (北海道大学)
【一般共同研究】NOAA/AVHRR雲画像を用いた降雪をもたらす雲の検出法および降雪量の推定, 鈴木 香寿恵 (国立精神・神経医療研究センター (8/1より 法政大学))
【一般共同研究】昭和基地地震観測網を用いた機械学習による震源決定法開発, 坪井 誠司 (海洋研究開発機構)
【一般共同研究】大気レーダーによる風速・大気乱流測定データ品質向上のための信号処理手法の開発, 山本 真之 (情報通信研究機構)
【一般共同研究】データ駆動型研究を促進させる賛同型コンソーシアム形成に係る基盤研究, 梅村 宜生 (名古屋大学)
【共同研究集会】固体地球科学データの相互利用・統合解析に関する諸問題, 名和 一成 (産業技術総合研究所)
2018年度
【一般共同研究】ロングイヤビン及びアイスランドの光学観測データを活用したオプティカルフローデータベースの構築, 細川 敬祐 (電気通信大学)
【一般共同研究】南極岩石試料レポジトリの確立によるデータサイエンスへの応用, 馬場 壮太郞, (琉球大学)
【一般共同研究】全地球電気回路研究のための地上大気電場観測データのデータベース化とデータ解析システムの開発, 鴨川 仁 (東京学芸大学)
【一般共同研究】昭和基地宇宙線観測データのためのリアルタイム・アーカイブシステムの構築, 加藤 千尋 (信州大学)
【一般共同研究】南極インフラサウンド観測データ収録公開システムの構築, 山本 真行 (高知工科大学)
【一般共同研究】南極点及びマクマード基地における多種類の光学観測データを用いた統合データベースの開発, 海老原 祐輔 (京都大学)
【一般共同研究】地磁気データと指数のリアルタイム情報サービスのための冗長化データサーバーシステムの構築, 田口 聡 (京都大学)
【共同研究集会】「科学とデータ」研究集会~オープンサイエンスとデータ駆動型科学の将来像をさがす, 村山 泰啓 (NICT)
2017年度
【一般共同研究】南極・北極に関する歴史的画像データ活用のためのデジタルアーカイブ構築, 南山泰之(国立極地研究所アーカイブ室)
【一般共同研究】多地点大気光観測における画像データ公開環境の開発, 鈴木臣(愛知大学・地域政策学部)
【一般共同研究】南極岩石試料レポジトリの確立によるデータサイエンスへの応用, 外田智千(国立極地研究所)
All Rights Reserved. Copyright © 2018 Polar Environment Data Science Center